使える時間管理術TIPS

HOME > 使える時間管理術TIPS

上手な時間管理のコツは日常の様々な時間使いの積み重ねで訓練されます。ここでは、今日からできる時間管理のコツをお伝えしましょう。 まずは、テレビです。いつもより一時間テレビを見るのをやめて、他の事に費やしてみましょう。テレビを見ている一時間より、別の事をしている一時間の方が貴重に感じると思います。掃除、洗濯などの家事は、完璧を求めず、一日の限られた時間(30分なり、1時間なり決めて)できる範囲でやりましょう。限られた時間の中で終わらなければ、次の日に持ち越しましょう。家事は一生続くものですから、毎日時間をかけるよりも、日々の限られた時間内で行うようにしましょう。また、部屋の整理整頓を心がけましょう。身の回りが整理整頓されていて、どこに何があるかがわかりやすくなっていれば、物を探す時間がカットできます。規則正しい生活を心がけましょう。規則正しい生活というのは、決められた時間に遅刻しない事や、決められた時間を過ぎない事です。当たり前の事ですが、こうした小さな積み重ねが時間管理に役立ちます。例えば、一日に5つの会議があるとしましょう。すべて10分ずつ予定を延長して会議を続けた場合、それだけで50分のロスになるのです。すべて時間通りになる事ばかりではありません。時には、時間を延長しての議論が必要な事もあるでしょう。ただ、時間延長が癖になると、すべてにおいてルーズになり、一日のロス時間が増えることになるのです。日頃から時間を守る癖をつけることで、貴重な時間を上手に管理できるようになります。